SDGsへの取り組み

お客様に満足していただける品質を提供すると共に健全経営に努める

SDGs(持続可能な開発目標)とは

2001年に策定されたMDGs(ミレニアム開発目標)の後継として、2015年9月に国連サミットで採用された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。

17の目標・169のターゲット(具体目標)から構成され、「誰一人取り残さない」持続可能で包摂性のある社会の実現を理念として掲げています。

三沢電機のSDGsへの取り組み

再エネ設備やLED等省エネ設備を導入・推進することで「天然資源の持続的な消費及び再生の普及」を目指し、脱炭素による気候変動の緩和・適応・影響軽減に貢献しています。

また地域清掃など地域住民とのコミュニケーションを図り、住み続けられるまちづくりを目指しています。

三沢電機のSDGs達成に向けた主な取り組み

   

地元地域企業・民間・団体等からの受注に力を入れ、更なる地域経済の循環及び経済成長を目指しています。

さらに、高品質な製品の提供と顧客満足度の向上を目標に、ISO9001(品質マネジメントシステム)を取得しています。

また、再エネ設備や省エネ設備の導入・推進をすることで、光熱費などのコストを削減させることにより、利益増減につなげています。

感謝状
   

地域活動の一環としてとして毎月地域清掃を行い、本社の大会議室を自治会の方に開放して、地域の方々とのコミュニケーションを図っています。

また、横浜FCの「あしながドリーム基金」・地元の小学生野球連盟や重度の障害者を受け入れている社会福祉法人のお祭りへの協賛などを行っており、今後も地域社会への取り組みを継続していきます。

ほかにも、会社として働き方改革を推進し、週休二日制の導入や長時間労働の解消・有給取得推奨など従業員満足度及び生産性の向上にも力を入れています。

清掃風景写真2
  

お客様への提案のみでなく、自社ビル内の全照明LED化、使用していない部屋の照明の消灯励行、各階への移動に階段の使用推奨、エアコン使用温度の指定(原則冬19℃、夏28℃まで)、夏季の社員服装のクールビズ化を行い、日々の電力消費の削減・エネルギー消費によるCO2の排出量削減に貢献しています。

クールビズ写真2